美肌に欠かせない皮膚の働き

美肌に欠かせない皮膚の働き皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪組織の3つの層で形成されているわけですが、表皮には肌に潤いを与える影響力があり、この表皮は紫外線、温度や湿度の変化、排気ガス、汚れた空気など外部から刺激が受けやすいためにスキンケアがとても重要になります。また、表皮の下に形成されている真皮には、血管、リンパ管、神経、皮脂腺、汗腺などがあり、分泌や栄養補給をする働きがあり、真皮の中にある弾力繊維(エラスチン)と膠原繊維(コラーゲン)の働きによって肌に弾力をもたせています。そして皮膚のもっとも下にある皮下組織は、外部の温度変化や衝撃から体をまもる役目があり、皮膚の層それぞれに肌をまもるうえで欠かせない重要な働きをしているのです。皮膚を形成している3つの層の機能が健全な状態に保たれていれば、潤いと張りのある美肌、きれいな肌でいられることになりますので、スキンケアを含めた皮膚のケア、肌のケアはとても重要なことになります。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました