肌の老化について

肌の老化について肌の老化は20歳を過ぎてから始まるといわれています。肌がもっとも美しくなる年齢は17歳から20歳くらいと言われていますが、その後にすぐ肌の老化が始まることになります。肌の老化現象をエイジングといいますが、まず肌の老化は肌がくすみはじめ、みずみずしさと弾力が失われていきます。しだいにシワやシミができはじめ、肌のキメが粗くなり、毛穴が開き、皮膚も固くなってきます。このような肌の老化現象(エイジング)は、新陳代謝が遅くなることに起因していますが、新陳代謝のリズムが鈍り、表皮の角質がたまって皮膚が厚くなっていきます。それによって肌は黄ばみ、角質層の保水力も低下し、水分が不足するために、肌のなめらかさが失われてしまいます。また真皮の中にあるコラーゲンとエスラチンの繊維も加齢とともに細くなり、ゆるみ、変形したりするために肌の弾力性も失われ、肌にシワやたるみが生じてしまいます。このような皮膚のさまざまな機能の低下によって肌の老化が起こるわけです。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました