生理前にできやすいニキビやシミについて

生理前にできやすいニキビやシミについて生理が近づくとニキビがひどくなったり、肌が荒れたりする女性は少なくありません。月経前緊張症(PMS)の症状のひとつに吹き出物があげられるように、生理が近づくとホルモンの影響でニキビができやすい状態になります。排卵のあと、次の月経がくるまでの約2週間、この期間は基礎体温が高温期にあたる黄体期といい、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが分泌されます。このホルモンが肌トラブルを招く原因とも考えられています。また黄体期には、男性ホルモンの作用も活発になり、この男性ホルモンは皮脂腺を発育させ、皮脂の分泌を促す働きがあるために、肌はニキビができやすい状態になります。また黄体期の肌は、普段よりもデリケートな肌の状態にあり、ニキビだけではなく、シミもできやすく、スキンケアに気を遣う必要があるといえます。特に外出する際には、シミの原因となる紫外線には注意が必要で、万全な紫外線対策をして外出するのが望ましいといえます。また余分な皮脂を落とすためにしっかりとそして丁寧な洗顔も心がけたいものです。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました