水分+油分の補給で乾燥予防

水分+油分の補給で乾燥予防空気が最も乾燥する冬は、肌から水分が蒸発していく量も多くなります。皮脂の分泌量も減り、皮膚膜を形成する力も弱くなります。乾燥で荒れた肌は、角質細胞がめくれ上がって、ますます水分が逃げていきます。乾燥による肌荒れを防ぐには、水分をたっぷり補いましょう。乾燥は脂分不足ではなく、水分不足が原因です。水分を補ったら、油分を適量つけ、水分の蒸発を防いでください。それでもかさつく場合は少量のクリームでさらに油分を補います。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました