ニキビの進行プロセス

ニキビの進行プロセスニキビには比較的軽症のものから、後が残ってしまう重症の物まであります。毛穴に皮脂がつまって表面が少し黄色っぽくなるのが特徴です。これが進行すると「白ニキビ」となります。毛穴につまった皮脂が押し上げられ皮膚の表面に出て、空気に触れ酸化したり、汚れが付いたりして次第に黒ずみ、「黒ニキビ」になります。この段階で治れば跡になりません。白ニキビや黒ニキビが悪化すると、「赤ニキビ」になります。赤ニキビは、赤くはれ、触ると痛みがあります。さらに炎症が悪化した場合は、「膿ニキビ」になります。この段階にくると、ニキビ跡が残りやすくなります。また、胸や背中の脂っぽい部分にできるニキビはカビの感染症が原因であると考えられています。ニキビは早めに治せば、跡になることはありません。膿ニキビになる前に皮膚科を受診しましょう。[サイト内ニキビ関連ワード]ニキビ菌にきび (acne)コメド(comedo)肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました