10代・20代のニキビの違い

10代・20代のニキビの違い10代のころのニキビは、皮膚の分泌を盛んにする男性ホルモンの影響を受けやすい時期だからです。では、20代になってニキビが治まるわけではなく悩まされている人は結構多いです。20代のニキビができる原因は、皮膚の分泌の他にメークや間違ったスキンケア、不規則な生活からくる睡眠不足や食生活の乱れなどです。20代のニキビはコスメティック・アクネ(間違った化粧品の使い方などによるニキビ)が多いのが特徴です。[サイト内ニキビ関連ワード]ニキビ菌にきび (acne)コメド(comedo)肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました