アトピーと他のアレルギー

アトピーと他のアレルギーアトピーは一種の他のアレルギー体質が基盤にあって発症するわけですから、過去に他のアレルギー症状を起こしていたら、アトピー性皮膚炎になる確率も高くなります。アトピー性皮膚炎と他のアレルギー症状が合併して現れたり、交互に現れたりすることもあります。過去に、オムツかぶれやあせもができやすかたり、食べ物やストレスでじんましんが出たり、花粉症、カビ・ダストアレルギー、化粧かぶれ、金属アレルギー、喘息や気管支炎、アレルギー性鼻炎など、あてはまるものがあったら肌の状態にも注意しましょう。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました