イボは増える前に取り除く

イボは増える前に取り除くイボはウイルス性のもので、触ると増えるので、増える前に取り除くといいでしょう。一般的なものは(尋常性疣贅)、表面がザラザラしたもので、主に、手足、指、ひざなどにできます。また、青年性扁平疣贅と呼ばれる米粒半分の大きさで楕円形のものは、顔や手の甲に多くできます。このほか、水イボと呼ばれる表面が滑らかで全身にできる物があります。これはつぶすと他人に移ります。ウイルス性のイボは自然に治ることがありますが、ひどくなることがありますので早めに病院を受診しましょう。老人性のイボはウイルス性ではありません。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました