パックのやりすぎは肌にダメージを与える

パックのやりすぎは肌にダメージを与える毛穴の汚れをとり、血行を促進するというパックですが、使い方を誤ると肌を傷めます。パックには肌に塗ってからはがすピールオフタイプと、洗い流すクレイパックがあります。ピールオフタイプは、必要な角質まではがさないように、乾きすぎる前にはがしましょう。クレイパックには、こすり落とすものがありますが、摩擦によって肌を傷つけることがあります。パックをするなら週に1回程度にして、ニキビや肌のトラブルがある時と、生理前はやめましょう。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました