かぶれ予防に衣類をチェックしよう

かぶれ予防に衣類をチェックしよう接触性皮膚炎には、化学繊維の衣料や毛織りものなどの刺激によってかぶれを起こすこともあると言われます。特にブラジャーやショーツなどの下着類は直接肌に触れるため、かぶれが起こしやすく、下着の素材に気を遣いたいものです。化学繊維のものよりも、綿や絹素材のものを選ぶように心がければ、衣料によるかぶれは防げるといえます。また下着の縫い目、タッグによる刺激でもかぶれを起こすことがあるために、この点も注意が必要といえます。また、ナイロン製のパンティストッキングの刺激によってかぶれを起こすこともあり、パンティストッキングにも気を遣いたいものです。そのほか、洋服では皮膚に直接あたることの多い首や袖口、腕なども洋服の素材の刺激が原因でかぶれを起こすことがあります。洋服や下着などでかぶれを起こした場合には、すぐに皮膚科に受診をすることが大切です。洋服や下着は毎日着用するものですから、かぶれを起こしたら放置せず、皮膚科で受診して、治療はもちろん、洋服や下着の素材についてもアドバイスを受けることが望ましいといえます。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました