多汗症・汗の多いときの対処法

多汗症・汗の多いときの対処法汗をかくことで一番気になるのは、汗の臭いではないでしょうか。長時間、汗をかいたままにしておくと皮膚に常在する菌によって汗が酸化され、臭いがでます。汗そのものは臭いはほどんどなく、「汗臭い」というのはほとんどが汗をかいて放置したことで汗が酸化したことが原因です。汗をたくさんかく人は、汗をかいた場所をよく拭いたり、早めに洗い流せば問題ありません。特に夏場一番汗の臭いが気になるわきの下は、細菌が増殖しやすい場所ですので、タオルなどでこまめに、そして早めに拭き取りましょう。またデオドラント効果のあるスプレー剤や制汗スプレーなどは汗を洗い流したり、汗を拭きとったあと、清潔になった肌に使用するのが効果的です。汗を洗い流したり。拭き取る前に使用しても効果は期待できません。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました