水仕事の際はゴム手袋と低刺激の洗剤を

水仕事の際はゴム手袋と低刺激の洗剤を肌に強い刺激を与えないため、台所の洗剤や洗濯用洗剤は低刺激のものを選びましょう。また、洗い物をする時にお湯を使用したりすると肌を乾燥させ脂分を奪ってしまうので、ゴム手袋をするのも効果的です。ただし、ゴムに対してアレルギー反応を起こすことのある人は、木綿の手袋をして、その上から、ゴム手袋をするといいでしょう。ゴム手袋をはずした後は、手をすすぎ、乳液やハンドクリームを塗っておきましょう。主婦湿疹を予防するには、肌に強い刺激を与えないことが大切です。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました