陥入爪は靴に気をつける

陥入爪は靴に気をつける靴の圧迫が原因で、外反母趾になりますが、同時に爪も圧迫しています。その結果親指の爪の端の部分が肉にくい込んで、陥入爪になることがあります。先が細く、ヒールの高い靴は特に親指を圧迫するのでよくありません。大きすぎる靴も親指のつま先に力が入りすぎて陥入爪になることがあります。陥入爪は、爪の側縁が皮膚にくい込むように伸びてしまい、ひどく痛みます。爪の切り方によっても発生するので、爪は角を深く切り過ぎないように注意しましょう。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました