日光浴とビタミンD生成の関係について

日光浴とビタミンD生成の関係について 人の肌の皮膚には紫外線(特にUV?B)を受けてビタミンDを合成する機能を持っており、骨形成の盛んな子供には日光浴が大切だと言われ母子手帳にも日光浴の大切さの記載がありました。しかし、ビタミンDを合成するのに必要な日光浴の時間において、まったくビタミンDをとらなかった子供でも1日数分でよいという検証結果がでています。また現在では、ビタミンDは食物から摂取出来ることから、日光浴の必要性は高いとは言えません。日光浴の必要性よりもバランスのよい食事と適度な運動が大切と言えます。確かに昔から日光浴は大切だと言われていますが、太陽光からの紫外線は体にとっても肌にとっても健康を損ねるリスクがあるので、紫外線対策をしっかりして太陽の下で適度な運動をされるのが良いのかもしれません。 [紫外線関連サイト内ワード]紫外線(しがいせん)紫外線防止剤サンタン(suntan)肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました