紫外線(しがいせん)

紫外線(しがいせん)紫外線(しがいせん)は、太陽光線の一部で、物質を科学変化させる強力な光線のこと。紫外線(しがいせん)は人体に対しては、皮膚の老化を進め、皮膚ガンを起こすこともあると言われている。また紫外線(しがいせん)は可視光線(400?760ナノメーター/nm)より短い波長の光線で、UVA(320?400nm)、UVB(280?320nm)、UVC(280nm以下)に分けられる。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました