日焼けで肌が赤くなってしまうのは?

日焼けで肌が赤くなってしまうのは?日焼けをした肌は赤くなってしまいますが、これは紫外線が肌の表面に強く作用して赤く炎症を起こしている状態です。これは主にシミやソバカスの原因になるとも言われています。紫外線には生活紫外線と言われるUVA、レジャー紫外線と言われるUVBとがあり、生活紫外線のUVAは窓ガラスや雲を通るため肌に強い作用を起こさないかわりに肌の奥まで到着し、じわじわと肌にダメージを与え、おもにしわやたるみなど「肌の老化」を引きおこす原因になります。レジャー紫外線と言われるUVBは屋外での日焼けの主な原因で、これが肌の表面に強く作用し、たくさん浴びると赤く炎症をおこし、シミ・ソバカスや乾燥の原因になる紫外線です。 *紫外線についてUV-A 長波長紫外線(320?400nm) 地表に届く UV-B 中波長紫外線(280?320nm) 一部はオゾン層に吸収され、一部が地表に届く UV-C 短波長紫外線(280nm以下) オゾン層に吸収され、地表に届かない [紫外線関連サイト内ワード]紫外線(しがいせん)紫外線防止剤サンタン(suntan)肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました