日焼けはやけどと同じ状態

日焼けはやけどと同じ状態真夏の太陽のもとに30分ほどいて日焼けすると、皮膚が赤くなります。この状態をサンバーンといって、紫外線によって皮膚細胞が損傷して、炎症を起こしたものです。これはやけどと同じ状態です。→日焼けによるシミ・ソバカス対策サンバーンは、シミ、ソバカスの原因となるものと同じUVBが引き起こします。UVAはコラーゲン・エラスチンを壊し、皮膚を黒くします。これがサンタンです。日焼けをした時点で、肌の奥では老化が進んでいるのです。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました