敏感肌

敏感肌皮膚のバリア機能の低下による炎症皮フは紫外線やホコリなどの外的環境から肌を守るという役割があります。しかし、何らかの理由により角質層が薄くなったりすると、この役割が果たせずに肌が赤くなったり湿疹などの反応が起ります。 皮フのバリア機能が低下してしまうと、外から刺激を受けた場合、表面の毛細血管が広がり、赤みが生じてきます。そして、皮フにヒスタミンができると、腫れたような状態に。敏感肌のケア行きすぎたお手入れにより角質が薄くなっている場合やストレスにより肌のバリア機能が衰えている場合、化粧品に含まれる成分によっては湿疹などの反応を起こすことがあります。自分の肌に合った化粧品を選ぶ、角質除去といったディープケアは頻繁にしないなどの注意をしましょう。 肌の汚れや汗をそのままにしておくと、皮フに存在する細菌や空気、紫外線などによって刺激物に変化してしまいます。刺激物をなるべく早く洗い落とすことが、かゆみなどを起こさないためのポイント。ただし、洗顔料は低刺激のものを。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました