ニキビのケア

ニキビのケア毛穴パックを使用した後は、角栓が抜けるために毛穴が開いた状態。このままだと汚れや細菌が侵入しやすくなり、トラブル肌の原因に。毛穴を引き締めるため、美容液をつけたり化粧水をパッティングするなど、アフターケアをしっかりと行うことが肝心。大人のニキビは単に皮脂の分泌が過剰なために起きるわけではありません。意外にも乾燥した肌にできることが多いため、皮脂を強力に落とすタイプの化粧品は肌をカサカサにしてしまう可能性が。十分に保湿をすることが必要。 ニキビができやすい人は「いつも皮フを清潔に保ちたい」という考えから、過剰に洗顔しがち。でも肌は油分と水分をバランスよく分泌し表面のpHバランスを弱酸性に保つことで、雑菌の繁殖を防いでいます。ですから皮脂を除去しすぎると肌のバリヤ機能が低下し、ますますニキビができやすくなることも。 白ニキビ鎖性面皰とも言い、ニキビの先端が閉じて、肌色から黄色をしている。黒ニキビ解放性面皰とも言い、ニキビの先端が開いて、酸化して黒くなっている。膿胞炎症が悪化して膿を持った状態、ニキビ跡が残りやすい。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました