紫外線から肌ダメージを守ろう

紫外線から肌ダメージを守ろう紫外線には、メラノサイトを活性化させてしまったり、弾力組織を壊してしまうなどのダメージがあり、これが肌の老化につながるのです。紫外線を浴びてしまった肌には、念入りなお手入れを。紫外線が弱くなってくる秋口から冬にかけてこそ、ダメージを受けた肌のお手入れをすることで老化を防止しましょう。紫外線というと夏場がもっとも多いと思われがちですが、紫外線がもっとも強いのは6月ですし、スキー場などでも夏の海に匹敵するほどの紫外線を浴びることも。またデイリーケアでは紫外線とは無関係に思われる冬場もケアを全くしないのはNG。紫外線ケアは1年を通じて行ないましょう。 紫外線を浴びた肌は著しく乾燥する傾向に。長い時間外出をする場合や海や山などにでかける場合は事前のUVケアはもちろん、その後のアフターケアが重要に!特に日焼けをしてしまった場合は水などで冷やした後、アロエのジェルなど炎症を抑える効果のあるものでしっかりとケアを。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました