シミ

シミ皮フのバリア機能が低下してしまうと、外から刺激を受けた場合、表面の毛細血管が広がり、赤みが生じてきます。そして、皮フにヒスタミンができると、腫れたような状態に。シミのケア潤いをたっぷり与えているつもりが、知らず知らずのうちに油分の与えすぎになっていませんか?過剰な油分は紫外線を浴びることによって過酸化脂質に変化し、シミの原因となるのです。特に肌の油っぽさを感じる人はオイルフリーの美容液を選びましょう。 実は、洗顔時に肌をゴシゴシこすることがシミの原因に。物理的な刺激が慢性的に加わると、メラニンが増加して黒ずんでしまうのです。洗顔だけでなく、美容液やファンデーションをつけるときも、必要以上に刺激を与えないよう気をつけましょう。 シミの原因は紫外線。シミを気にするあまりに過剰なUVケアをしていませんか?日常のケアにUV効果の強すぎるサンケア商品を使用すると肌に負担をかけてトラブルの原因に。UVケアは外にいる時間や紫外線の強さに合わせることが重要です。肌のトラブル予防、ニキビ予防のためにまずは生活習慣からまずは見直そう!肌は体調のバロメーターなどと言われます。睡眠不足であったり、暴飲、暴食をしたりすると肌がいつもよりもがさついたり、べとついたりしてしまうことも少なくありません。年齢が若いうちは新陳代謝も活発ですから肌がもとの状態にもどるのが早いかもしれませんが、年齢をかさねるとそのダメージは少なくありません。特に若い年代で肌にダメージを与える生活を繰り返していると、年齢を重ねたときのそのダメージはより大きいものとも言われていますので、肌のトラブル予防のためにも、そしていつまでも若々しい肌を保つ上でも地肌を大切にしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました